2007年09月08日

家庭教師の種類 -派遣業と個人契約-

家庭教師には大きく分けて2種類あります。

@家庭教師を企業・団体から派遣してくれる家庭教師派遣
A直接と契約できる家庭教師を紹介してくれる個人契約斡旋

大きな違いはお給料を業者に払うか先生に直接払うかです。
以下に詳しく解説したいと思います。

@家庭教師派遣業
企業もしくは団体と契約している先生を派遣してもらうシステムです。
その為、お給料は家庭教師の派遣会社から請求されます。
教師の管理・教材の提供・進路指導など
業者が包括的に生徒の情報、先生のシフト、給料等を管理してくれる代わりにお給料から業者がバックマージンをとります。
月謝 = 先生の給料 + 業者のマージン
業者がマージンをとるため必然的に月謝は高くなります。
派遣業のよい点・注意点など以後に記事にします。

A個人契約紹介
ご家庭と家庭教師の先生が直接契約するのをサポートするサービス。
紹介業者に登録している先生から条件に合う先生を探します。
その際、紹介料を業者に支払います。
個人契約の場合、主に業者に支払う費用はこの紹介料のみです。
ですので月謝からのバックマージンはなく
月謝 = 先生の給料
になります。
先生のシフトの管理・月謝の計算等はご家庭が行う必要があります。
個人契約のよい点・注意点など以後に記事にします。
posted by 家庭教師情報センター at 01:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 家庭教師について
この記事へのコメント
個人契約は何か心配ですが皆さんそうされておられる方が多いのでしょうか?
Posted by misty at 2007年10月11日 10:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5358004
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック